鹿島神宮本殿です

今日から2月です。2012年になって1ヶ月が経ちました。
早いですね。

今回も昨年の仕事の紹介です。
鹿島市にある鹿島神宮の本殿の清掃を毎年任されています。

本殿屋根に積もった杉の葉をきれいに取る作業です。



鹿島神宮本殿の周辺は車両立ち入り禁止のため、掃除に必要な道具を持って梯子で登りながら作業をします。

周囲に生えるご神木の葉が屋根の上に積もるので、檜皮葺の屋根を傷つけないように丁寧にゴミを取り除いていきます。
梯子の上での作業なので、落ちないように注意!
上から徐々に掃いて落とします。


熊手を使うのですが長ーくないと作業がしにくいので、棒を取り付けてロング熊手で作業をします。

檜皮葺についている苔は残したままにしなくてはいけないので、丁寧に仕事を進めます。

この仕事だけではなくいつも丁寧に仕事をしていますが、特に気を使う作業でもあります。

鹿島神宮では9月にお祭りがあるので、その前に清掃作業を行います。(9月初旬の写真です。)

清掃後は、屋根に草が生えないように除草剤を散布したり、年間を通じて管理作業を行います。


左に見えるのはご神木の根元。
熊手とホウキを使ってゴミを取り除きます。