あられこぼし/筑波石

すっかり暖かくなり桜も散り始めです。
皆さんお花見を楽しめたでしょうか?

今回は昨年の東日本大震災で被害を受けたお庭の修復作業をご紹介します。



昨年の震災で茨城県南部は震度6!!
建物をはじめ、お庭にもいろいろと被害がでました。


右の写真は御影石敷きのアプローチ。
地震の影響で石と石の間の目地にヒビが入り、段差などもできて凸凹の状態です
震災でヒビが入ってしまいました

目地がずれてしまうと雑草が生えたり、段差につまづいたりして危ないですし、見た目も良くありません。

これを敷き直しです!!
震災でヒビが入ってしまいました
石を全部剥がしました

まず、石を剥がします。
穴を掘って均します

石を敷くために穴を掘って、綺麗に均します。
石を貼ります

剥がした石を敷きなおします。

手前に写っているのは、高さの調節をするための道具です。

上から叩けばいいというものではないので、綺麗に仕上げるには職人さんの技術がいります!


敷き終りました!!
これでアプローチは完成です!

工事が終わってホヤホヤの状態なので、後日綺麗にした写真をUPしたいと思います。
完成!
あられこぼし/筑波石

続いて、建物近くの別の場所の修復です。

こちらは作業中なのでまた次回ご紹介します!

次回は、ここで使用している筑波石(つくばいし)についてもご紹介したいと思います。

お楽しみに!